飲み会のあとの辛い症状となるのが二日酔いです。お酒の席ではいつも飲み過ぎないように気をつけてはいるけど、飲みはじめるとつい楽しくなって歯止めがきかず、いつの間にか酔っ払ってしまい、最後には二日酔いのパターン。このように飲む機会が多い人ほど悩みとなっているのが翌朝にやってくる、この二日酔いの症状です。

飲み会中の女性たちこのつらくて悩ましい二日酔いをスッキリ解消するにはどうすればいいのでしょうか?簡単にできて即効性がある方法が知りたいものです。ここでは、二日酔いの仕組みを説明したうえで、裏技をご紹介していきます。

二日酔いのメカニズム

二日酔いはアルコールをとりすぎて肝臓が分解しきれず翌日まで不快感が残ってしまう状態です。大量に飲酒すると、体内のアルコールが解消しきれず、肝臓にも負担がかかって、脱水による体調不良なども合わさり、8~14時間前後までいろいろと不調が現れることを言います。

仕事の接待の関係で飲む機会が続いたり、年末年始に飲み会が続いたりすると、こうした症状を訴える人がよく見られるでしょう。

いわゆる悪酔いとはどんな状態か

悪酔いとはアルコールによる不調が数時間後に現れるものです。症状は頭痛イライラ感寒気などが現れます。二日酔いは飲む量、飲み合わせ、飲み方、また体質によるところがあるので、個人差があります。

二日酔いの症状

吐き気の疑いがある女性二日酔いの症状としては、頭痛吐き気胃のむかつき喉が渇くなどになります。お酒が残っている間は、ひどく酔った状態ならば記憶がなくなったり、うまく喋れなかったり、普通に歩くことができずよろけてしまうといった状態もみられます。ひどいときには脱水症状をひきおこすこともあります。また二日酔いになるまで飲むと肝臓の負担も大きくなります。

その結果、体がだるかったり筋肉痛になったりします。肝臓は疲労物質を解消する働きもしており、この機能が弱まると倦怠感疲労感筋肉痛などが起こります。その他にも、悪夢でうなされて眠りが浅くなり睡眠障害が生じることもあります。

なぜ二日酔いが起きるのか

二日酔いはどうやって起こるものなのでしょうか。その原因は誰もが理解しているようにお酒を大量に飲みすぎることです。なぜなら酒そのものが水分であり、過剰な水分を排出しようとすることでトイレが近くなります。それには体内の水分調節をする抗利尿ホルモンの分泌がアルコールによって抑えられるため、水分が尿として排出されやすい状態になるのです。そして必要以上に尿を排出したために体が脱水気味になり、喉が渇いたり、頭痛を引き起こしたりするのです。

本来、飲酒をしても肝臓が活発に働くことでアルコールがきっちり分解され、アセトアルデヒドとなり排出されます。必要以上に尿を排出したために体が脱水気味になり、喉が渇いたり、頭痛を引き起こしたりすると考えられています。

それでも代謝しきれない量のアルコールを摂取した場合は、体本来のシステムが麻痺してしまい、体内に分解できなかったアセトアルデヒドが蓄積してしまうのです。そして必要以上に尿を排出したために体が脱水気味になり、喉が渇いたり、頭痛を引き起こしたりすると考えられています。

胃粘膜が傷んでしまう

胃の不調を訴える男性お酒を飲むことで胃粘膜を痛めることも二日酔いの原因です。しかし食べ物を全く食べずに、お酒を大量に飲んでしまたり、アルコール度数の高いお酒が胃粘膜に触れると、胃に大きなダメージを与えてバランスが崩れてしまうことになります。これが二日酔いときの胃の不調と関係しています。

肝臓が弱ってしまう

大量のアルコール摂取により、本来の肝臓の働きができなくなることも、二日酔いの原因となります。肝臓の働きは体の中のさまざまな毒素や疲労物質を追い出すためにとても大切な存在です。しかし、アルコールを解消できずに大切な肝臓にダメージを与えてしまい、普段通りに働けなくなるのです。体の中の不要物質を追い出すための肝臓が働くことできなくなったために、頭痛や吐き気、筋肉痛などが起こってしまうのです。

肝臓がもともとあまり強くない人は、アルコール解消する代謝能力弱いために、少量の飲酒でも気分が悪くなり二日酔いになってしまたりするのです。

アルコール中毒や依存症の症状でもある

お酒を飲んで二日酔いになるのもつらいものですが、アルコール中毒や依存症などで、こうした症状が起こる場合もあります。

二日酔いを解消する裏技とは?

辛い二日酔いをなるべく早く解消したいけど何をすればよいのでしょうか。実は二日酔い解消の特効薬は、まだありません。そのため、二日酔い解消の対策としては治すという方向性ではなく症状を抑えることが重要となります。ここでは、症状別にその裏技をご紹介していきます。

頭痛がひどいときは水分補給が肝心

水分を摂る女性症状別でご紹介すると、まずは頭痛がひどいときはスポーツドリンクや経口補水液も含め、とにかく水分補給をするとよいでしょう。

二日酔いで頭痛がする原因は、アセトアルデヒドです。その頭痛に対策するには体内に溜まっているアセトアルデヒドを薄めるか、または体から追い出すのが効果的です。そこで、おすすめしたいのが水分補給となります。

胃痛、胸やけ、吐き気がひどいときは薬で対処する必要がある

胃薬二日酔いによって胃痛や胸やけが起こっているという場合は主に胃酸の出過ぎによって起こる症状です。胃酸は凄く強い酸で、胃酸が過剰になると胃壁の粘膜を攻撃して粘膜がダメージを受けて痛みなどの症状が出ます。また、胃液が食道に逆流してしまい、食道の粘膜を攻撃してみぞおちの付近を焼けるように感じるのが胸やけです。このような症状を抑えるには胃薬が有効です。

この症状の緩和には、医師の診断を受けて専用の薬を処方してもらい、薬剤師の説明を受けたうえで服用し安静をとることが近道といえるでしょう。そうでなければ、症状がよくなるまで、ただ耐えるしかなくなってしまいます。また、二日酔い後の栄養補給も大切になってくるところですが、空腹を感じるようになったからといって、刺激の強い食べ物を口にしてはいけません。あっさりとした消化のいいものを選択してください。

二日酔いで体がだるいときは栄養と水分をとって休むこと

体を休める女性とにかく体がだるくて動きたくないときの二日酔い解消は、体を休めながら水分補給のみを行い、回復するまではゆっくり休みましょう。

体だるさも、頭痛と同じようにアセトアルデヒドが原因だといえます。アセトアルデヒドを薄めて、体から追い出すためには、栄養と水分が必要不可欠です。適度に水分を補い栄養を摂取して体をゆっくり休めてください。しかし、胸焼けや吐き気がある場合は、無理に食事をする必要はないです。

二日酔いを抑えるポイントとは

二日酔いを抑えるポイントとしてはアルコールの吸収するスピードを抑えることができれば、ある程度は軽減できます。ここでは飲む前から飲んでいる間にできる事前の対処方法についてご紹介します。

チェイサーをはさむのは基本中の基本

お酒とチェイサーお酒を飲む際に何かを食べることで、アルコール吸収を抑えるには効果的です。アルコール以外の水分を同時に飲むことで、体内でアルコールが薄くなり、アルコールの吸収をさらに抑えることができます。

このようにお酒を楽しむ際には食事と水や炭酸水、ソフトドリンクなどをなるべく一緒にとり、アルコールだけを体内に入れないように注意しましょう。二日酔いの解消としてもっとも一般的な方法は水分を体にできるだけ取り入れることです。

お酒を飲むときは肝臓のはたらきを高める食材を組み合わせる

アセトアルデヒドは毒性が強く、吐き気や頭痛など二日酔い症状の原因となります。肝臓機能の働きを高めることはアセトアルデヒドの産生防止になり、二日酔いを予防したり、症状を軽減したりすることにもつながります。

牛乳基本的には空腹は避けるべく脂肪分、炭水化物を先に摂取することを心がけます。具体的には、アミノ酸やビタミンBの摂取をすると二日酔い解消には効果的であるといわれています。アミノ酸には肝臓の解毒や、アルコール代謝を促進などの肝機能を向上させる効果があります。そのアミノ酸を多く含んだ食材は、大豆、卵、牛乳、牛肉や豚肉、鶏肉、魚類になります。

二日酔いの解消ではビタミンB1を摂取することも重要となります。なぜならアルコールが肝臓で分解される際は、ビタミンB1も大量に消費されるからです。そしてビタミンB1には糖質の代謝を助け、エネルギーを作り出す働きがあるためです。そしてそのビタミンB1が多く含まれる食材といえば豚肉、レバー、豆類などです。特に豚肉はビタミンB1が豊富です。どうしても食べると気持ち悪くなってしまうくらい胃腸も弱っているようであればアミノ酸やビタミンB1のサプリメントを活用して摂取するといった方法もあります。

お酒を飲む前にウコンを摂取するメリット

ウコン二日酔い解消に使われるサプリメントの活用として代表的なものがウコンを使った商品になります。ウコンはショウガ科の多年草で、着色料やカレー粉などに使用されている他にも、衣類の染料や、生薬などに利用されています。ウコンに含まれている、ポリフェノールの一種のクルクミンという成分には、二日酔い解消に大切な肝臓の解毒機能を高める働きと、胆汁の分泌を促す作用があると考えられています。

胆汁には、アセトアルデヒドの分解を促す働きがあります。そのためウコンで二日酔いの予防が期待されています。お酒を飲む前か飲んだ後でも、ウコンを服用すれば酔いが解消されやすくなります。

お酒でお腹がゆるくなりやすい体質の人は乳酸菌を摂取

また飲みすぎで下痢になったりする、おなかにハリを感じるなどの症状が気になり始めたら、整腸剤を服用することで腸の働きがよくなって、おなかの調子が整いますので整腸剤をうまく使うことで調子を整えることもできます。

乳酸菌その他にも乳酸菌二日酔い予防としても効果的といわれています。乳酸菌は死滅しても身体に有効に働きかけてくれます。そのため、アルコールの殺菌効果で消滅した乳酸菌も、無駄ではありません。

飲む前に乳酸菌を摂取することで、アルコールが翌日まで残らないことが期待できます。これは腸内環境を整えて、肝臓にかかる負担を軽くするからです。もしも、二日酔い解消できるか心配なら、お酒を口にする前に乳酸菌を摂取するといいでしょう。

二日酔いを予防するツボ

二日酔いの予防と解消にはツボも有効とされています。ツボを押すと、心地よい刺激が体に伝わって、芯からぽかぽかと温まってくるような気がするものです。体に関するさまざまな情報を脳に伝えるのが神経です。ツボは神経の交差点とも言われ中国医学独自の考え方から生まれたものです。ツボの歴史は大変古く、4000年も前から治療に利用されてきたといわれ太古の昔から人々の痛みを和らげてきた治療法になりますので二日酔いに効くツボを刺激することで辛い症状から解放されるかもしれません。

炭水化物を摂取する

ご飯飲む前に、オリーブオイルやバターなど脂肪分や、炭水化物であるお米などを摂取することで、アルコールの吸収する速度を抑えたり、アルコールによる胃へのダメージを和らげたりすることができるので、なるべく肝臓に負担をかけずお酒を楽しむことが出来ます。

サラダを注文する

サラダ意外なことにサラダを食べるという方法もあります。飲酒をする前に、サラダを食べることは、二日酔い予防になります。ドレッシングに含まれる脂肪によりアルコールの吸収を遅らせることができ、野菜からビタミン類も摂取できて一石二鳥なのです。

飲酒を終えてからの水分補給

お酒を飲むとアルコールの作用により急速に水分が失われてしまいます。その結果、頭痛、疲労、脱水、倦怠感などの症状を引き起こしてしまいます。飲酒中や飲酒後の寝る前にも積極的に水を飲むことを心掛けることが大事です。

飲酒後は必ず二日酔い解消目的として寝る前に500mlほどの水分補給をしておきましょう。就寝中に急速に水分が失われて、脱水症状に陥るのを助けてくれる効果があります。

いわゆるチャンポンはしない

ご存知の方も多いとは思いますが、お酒を飲む席で気をつけてほしいのがチャンポンは避けるということです。これは複数のお酒を同時に飲むことが悪いのではなく、どれくらいの量を飲んだかわからなくなって飲み過ぎてしまうのです。自分の飲んだ酒の量をちゃんと把握するためには色々な種類のお酒を同時に飲むのは避けるのがよいでしょう。

結論をいうと決定打は水分補給

このように二日酔いの解消や予防方法はいろいろありますが何よりも自然な方法で且つ効果があるのが水分補給となるでしょう。

水には二日酔いの症状のひとつである脱水と脱水症状に伴う各種症状を防いでくれる要素があります。大量にアルコールを摂取しても身体が処理できず、血中のアルコール濃度が増え、二日酔いになります。それを解消してくれるのが水になるのです。また二日酔いをもってしまった際の朝にまず行うべき二日酔い解消の処置としては、水分を補給することです。なぜなら肉体的には脱水症状を起こしているため、大量に水分を補給することがまず重要になるからです。脱水症状になると、アルコールの分解ができないだけではなく血液がドロドロになる可能性もあります。

また飲みすぎてしまったと思った夜の寝る前にも水分補給をすることで肝臓の血流を増やし、アルコールの分解処理能力をアップさせることに役立ってくれます。

ミネラルウォーターそこでどうしても飲みにいく機会が多い方におすすめするのはウォーターサーバーになります。二日酔いを解消しても、飲酒による尿の排出により、体内のミネラル分は失われた状態です。そのため身体にミネラル分を補給する必要があります。一番手っ取り早いのはミネラルウォーターです。

ただ、飲みたいときに新鮮でミネラルの入った水が常にあるとは限りません。自宅にウォーターサーバーがあれば、きれいで体によい水を常備できますし、その都度買う必要がなくなるので便利です。また、あまり冷たいお水を飲みたくないときは冷水や温水機能をそなえたサーバーがほとんどなので体を冷やし過ぎないように、ぬるま湯などをつくって水分補給できます。自宅にウォーターサーバーがあるのなら、もちろん飲みすぎたと思った帰りにわざわざコンビニによって大量のミネラルウォーターを購入して帰る必要はありません。自宅でいつでも自由に思う存分に新鮮なお水を飲むことができるのです。

このようにウォーターサーバーを活用することで飲酒後や翌日の酔いに負けることがなくスムーズな二日酔い解消として役立ってくれることでしょう。

水道直結型(ボトルレス)ウォーターサーバーおすすめランキング

水道直結型(ボトルレス)のウォーターサーバーを比較し、おすすめの商品をランキング形式でご紹介します。さまざまな側面から比較して、もっともニーズに合ったウォーターサーバーを選んでみてください。

COOL QOO(クールクー)

COOL QOO(クールクー)  >>公式サイトはこちら
初期費用4,200円(税別)~
月額費用4,200円(税別)~
電気代月800円ほど
メンテナンス代年1回(無料)
解約金ご契約から36か月未満の早期解約の場合には、早期解約手数料として1年以内30,000円(税別)、2年以内20,000円(税別)、3年以内10,000円(税別)がかかります。37か月以上お使いいただいた場合には、早期解約手数料はかかりません。

撤去費用は、10,000円(税別)となっております。

水道直結型の「COOL QOO(クールクー)」は、大規模工場のろ過システムを採用した、小型のウォーターサーバーです。

定額のサーバー代だけで、しっかりとろ過された水を自由に飲むことができます。自動洗浄の機能がついているのはもちろん、年に一度の有人メンテナンスも実施。逆浸透膜を使用したろ過システムが、放射性物質まで除去します。

特徴的なのは、通常の「ROろ過水」だけでなく、「ROろ過水素水」のコースが用意されている点です。美容に関心の高い方から注目を集めているお水は、女性社員からも好評となっています。現在、初期設置費用無料のキャンペーン期間中ですから、サーバー代のみでお得に利用できるチャンスとなっています。

ピュアウェーブ

ピュアウェーブ
初期費用無料
月額費用4,200円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は違約金が発生

「ピュアウェーブ」は、簡単に設置できる水道直結型のウォーターサーバーです。

水道に分岐具を取りつけて、そこから給水するため、難しい工事の必要がないのが特徴となっています。フィルター交換もワンタッチで行えるため、社内で交換するときにも困りません。ROフィルターでろ過された安心して飲めるお水を、定額で利用できます。

楽水(らくみず)

楽水(らくみず)
初期費用無料
月額費用4,250円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は、残り契約月数×レンタル料の40パーセントの違約金が発生

「楽水(らくみず)」は、水道直結型(ボトルレス)のウォーターサーバーです。

さまざまな料金プランが用意されているのが魅力で、ニーズに合わせて料金を比較検討できます。「お手軽プラン」ではサーバー代3,500円で初回設置工事費18,000円がかかりますが、「工事費無料プラン」ではサーバー代4,250円で初回設置工事費無料となっています。

買取プランも用意されていますから、必要に応じてプランを選んでみてください。

関連記事