二日酔いでダメージを受けた胃のために!飲むべき薬とともに対処方法を解説!

胃薬を求める女性

二日酔いを解消するために、さまざまな薬を服用した経験もあるのではないでしょうか。これから飲み会だというときに、ドラックストアに立ち寄ってとりあえず薬を見繕って購入していることもあるかもしれません。ですが、どの薬を選べばいいのかはなかなか難しいものです。ここでは、二日酔いのための薬についてみていきます。

二日酔いに薬が有効だという理由

二日酔いは体内にある分解できなかたアルコールやアセトアルデヒドが血中に残ってしまい、臓器がダメージを受けた状態です。早く解消したい二日酔いの症状には頭痛やめまいなどさまざまな症状が出ますが、吐き気や嘔吐がある場合、アルコール性急性胃炎を起こしています。このような場合は胃の粘膜を保護・修復する胃薬が有効だといわれています。

二日酔いによって胃痛や胸やけが起こっているという場合は主に胃酸の出過ぎによって起こる症状です。胃酸は強い酸です。胃酸が多くなると胃の粘膜を攻撃してしまい粘膜が荒れてしまうと痛みの症状が出てきます。また、胃液が食堂を逆流し、食道の粘膜にダメージを与えみぞおち周辺が焼けるように思えるのが胸やけです。この症状を治めるには胃薬がとてもよいです。

また胃薬の飲みすぎて軟便になっている、お腹のハリなどの症状が出てきたら整腸剤を飲むことで腸の働きがよくなり、おなかの調子が整いますので整腸剤をうまく使うことで調子を整えることもできます。

その他にも乳酸菌が二日酔い予防としても効果的といわれています。アルコールを飲んだときは積極的に摂取してほしい成分があります。それは乳酸菌です。乳酸菌が死滅しても人の体に有効に働いてくれます。アルコールの殺菌効果により死滅してしまっても無駄にならない物質です。むしろ二日酔いを防止する働きがあります。お酒を飲む前に乳酸菌を体に入れておければアルコールが次の日まで持ち越しを防ぐことができあます。二日酔いが心配なら飲む前に乳酸菌を体内に入れておくことをおススメします。

二日酔いがひどい症状になると吐き気を感じてしまう方もいるようです。吐き気を感じてしまうようであれば自然に任せて吐いてすっきりさせてしまったほうが体の回復は早いといわれていますがどうしても苦しくてお薬が必要だと思ってしまうときには、漢方の要素が含まれている吐き気止めなども服用してみるとよいでしょう。

二日酔いがよくなるまで、じっと待っているのもつらいでしょう。市販のものでも処方されたものでも、適切な薬を上手に取り入れて、はやく二日酔いから立ち直りたいものです。

関連記事