二日酔いには水分補給がなによりも大切!アルコールと水分補給の関係とは?

水分補給する女性

二日酔いになってしまったら、早くその症状をよくしたいと思うものです。ですが、その解消方法がわからず、つらい症状を抱えたままよくなるのを待っているという人も少なくないはずです。ここでは、二日酔いの解消法についてご紹介します。

解消というよりも症状を緩和するというほうが正しい

辛い二日酔いをなるべく早く解消したいけど何をすればよいのでしょうか。実は二日酔い解消のためすぐに治るという特効薬は、現時点ではありません。そのため、二日酔い解消の対策としては治すという方向性ではなく症状を抑えることが重要となります。

頭痛がひどいときには水分補給が重要
頭痛がひどいときはスポーツドリンクや経口補水液も含め、とにかく水分補給をするとよいでしょう。二日酔いの症状である頭痛の原因としは、アセトアルデヒドだといわれています。その、頭痛の対策としましては体の中のアセトアルデヒドを薄める、または体の中から早く抜くことが効果的です。そこで、おすすめしたいのが水分補給となります。
二日酔いの倦怠感がひどいときも水分補給が重要
とにかく体がだるくて動きたくないときの二日酔い解消は体を休めながら水分補給のみを行い、楽になるのを待ちましょう。二日酔いの時に体がだるいと感じるもの、頭痛と同じくにアセトアルデヒドが原因だといわれています。アセトアルデヒドを薄めることにより、体に害がない成分へと変えるためには、栄養と水分を摂取する必要があります。適度に水分補給と栄養摂取を行い、体をゆっくり休めてください。しかし、胸焼けや吐き気がする場合は、無理に食事をとる必要はないです。
二日酔いが胃腸にきてしまったら薬を飲むべき
二日酔いになると、飲んだ次の日はずっと胸やけがしていて食事がとれなかった、あるいは夜中に吐き気がして寝ることができなかったというのも珍しくありません。このような胸焼けや吐き気といった症状は、胃食道逆流症によるものが多いです。クリニックなどで専用の飲み薬を処方してもらうのが症状緩和への一番の近道です。

二日酔いになってしまったときは食事の際には脂ものはや刺激が強い食べ物は避け、なるべくあっさりとした食べ物を食べるように心がけましょう。

お酒を飲むときのワンポイント

お酒を飲むときのポイントとしては二日酔いを抑えるにはアルコールの吸収されるスピードを抑えれば、ある程度は軽減できます。アルコールの吸収を抑えるには、お酒を飲む際に必ず何か一緒に食べることが効果的なのです。アルコール以外の水分を同時にとることで、体の中のアルコールが薄くでき、吸収をさらに抑えることができます。

このようにお酒を楽しむ際には食事と水や炭酸水、ソフトドリンクなどをなるべく一緒にとり、アルコールだけを摂取しないように注意しましょう。

関連記事