二日酔いのメカニズムって?どうして起こるのかを徹底解説!

二日酔いになるくらい飲む人たち

楽しいひと時から一転して、辛い症状に悩まされるのが二日酔いです。辛い二日酔いは誰でも早く解消したいと思ってしまうものです。こんなつらい症状が、どうしてお酒で起きてしまうのでしょうか。ここではその原因についてご紹介します。

二日酔いのメカニズム

二日酔いはどうやって起こるものなのでしょうか。その原因は誰もが理解しているようにお酒を大量に飲みすぎることです。そもそもお酒が水分なので、過剰な水分を排出しようとすることでトイレが近くなります。それには体内の水分調節をする抗利尿ホルモンの分泌がアルコールによって抑えられてしまうため、水分が尿として出てしまいやすい状態になるのです。尿が必要以上に排出することで脱水症状気味になり、頭痛や喉の渇きなどを引き起こしています。

人の体は、お酒を飲んでも肝臓の活動によりアルコールを分解してアセトアルデヒドとなり体の外へと排出されます。しかし体内で代謝できない量のアルコールを飲酒すると、体のシステムが麻痺を起こしてしまし、体内には分解できなかったアセトアルデヒドが蓄積してしまいます。アセトアルデヒドが体の中に残ることで、このような不調が起こってしまいます。

そのためお酒を飲むことは水分補給どころか、反対に脱水症状を誘発する原因となってしまいます。さらに、アルコールは、免疫反応や炎症反応、生体防御に深く関わるサイトカインを脳の血管周りで増加させ、これが頭痛を起こしやすくする原因のひとつになります。サイトカインとは、体内で炎症が起こったなどのトラブルを細胞同士で知らせ合う物質で特に片頭痛が出る人にお酒を飲ませると症状が悪化することもあります。また、飲酒によりアルコールが胃粘膜にダメージをあたえてしまうのが二日酔いの原因になります。

胃の内部は普通、ウィルスや細菌など外敵の侵入から身を守れる胃酸と、胃酸から胃粘膜を守っている胃粘液のバランスが保たれています。しかし食事を取らず、大量のお酒だけを飲み続けたり、アルコール濃度の高い酒やウォッカやウイスキーなどに胃粘膜が触れたりすると、胃粘液のバランスが崩れ胃に刺激を与えてしまうことになります。これが二日酔いの胃の不調に関係しているのです。

そして大量のアルコールにより肝臓の本来の動きが弱ってしまうことも、二日酔いの原因となります。肝臓の働きは体内のさまざまな疲労物質や毒素を体から放出するために大切な存在です。

しかし、大量のアルコールは解消しきれず大切な肝臓に大きなダメージを与えてしまい、通常通りの働きができなくなってしまいます。体の中にある不要物質を追い出すための肝臓の働きができなくなることで、頭痛吐き気筋肉痛などが起こってしまうのです。

肝臓があまり強くない人だと、アルコールの代謝能力もう弱いため、少しの量でも気分が悪くなり二日酔いになることもあるでしょう。その他にも、アルコール依存症やアルコール中毒などがあったために、こうした症状が起こる場合もあります。

関連記事