二日酔いの解消方法は水分補給が重要!正しい水分補給方法を解説!

飲み会

仕事帰りに友人たち食事や会社の歓送迎会でお酒を飲んで日頃のストレスを発散させるのは楽しい瞬間です。ですが次の日ともなると、つわものたちも夢あと、つらい二日酔いの症状に悩まされることも少なくありません。ここでは、そんな二日酔いの症状についてくわしくみていきます。

二日酔いとは?

お酒を飲み過ぎた次の日、なかなかお酒が抜けなくてつらい、なんだか顔がむくんでいる。特にイベントが多くなる年末年始は要注意なのです。二日酔いはアルコールをとりすぎると体内で解消できずに、翌日にまで不快感が残る状態です。

お酒を大量に飲みすぎてしまうことにより、体内でのアルコール分解ができずに肝臓への負担が大きくなってしまいます。8~14時間前後までいろいろと不調が現れることを言います。

仕事の付き合いで飲む機会が多いサラリーマンをはじめ、年末年始の宴会続きのときなどに、こうした症状を訴える人がよく見られていると思います。悪酔いはアルコールによってもたらされる不調が2~6時間後に現れ、頭痛やイライラ感、寒気などの症状が現れます。

二日酔いの症状とは?

お酒が弱い人でも強い人でも、一度は二日酔いを経験したことがあるのではないでしょうか。この二日酔いも、飲む量や体質により個人差がでてきます。しかし、その症状は共通するものです。その症状について説明していきます。

二日酔いの症状は、胃のむかつき、吐き気、頭痛などや喉が渇くなどのことがあげられます。お酒が体内に残っている間は、ひどく酔った状態ならば記憶がなくなってしまう、ろれつが回らない、普通に歩くことができずよろけてしまうといった状態もみられます。ひどいときには脱水症状をひきおこすこともあります。また二日酔いになるまで飲むと肝臓の負担も大きくなります。その結果、体がだるかったり筋肉痛になったりしてしまいます。肝臓は疲労物質を解消する働きもしており、この機能が弱まると倦怠感や疲労感、筋肉痛などが起こってしまいます。その他にも、悪夢でうなされ眠りが浅くなり睡眠障害が生じます。

二日酔いを解消するため吐き気については、すべて吐いてすっきりしたほうが不快感は消え二日酔い解消の近道です。吐き気は無理をしてでも、吐いてしまった方がいいのではないでしょうか。

関連記事