二日酔いはカフェインでよくなる?カフェインでつらい頭痛が緩和する理由を解説

コーヒー

二日酔いは人によってつらいと感じる症状が異なるものですが、そのうちひどい頭痛に悩まされることも少なくありません。一般的に、頭痛にはカフェインが効くといわれていますが、二日酔いの頭痛にも効くのでしょうか。コーヒーの豆を挽いている香りをかぐだけでも、頭痛が緩和されたような経験をしている人も多いでしょう。二日酔いにはカフェインが効くのかについて考えます。

コーヒーに含まれるカフェインの効果

頭痛がある場合の二日酔い解消法としてはコーヒーを1杯飲むと解消されるといわれています。二日酔いのときにある頭痛の主な原因は、アセトアルデヒドとゆう物質です。アセトアルデヒドを体の外に追い出し、脳の血液循環をよくするとつらい症状は解消されます。

その時にコーヒー含まれるカフェインが有効なのです。カフェインは肝臓の働きを活発にさせ、アルコールの分解に発生するアセトアルデヒドを早く分解するといわれています。毒性を持つアセトアルデヒドはつらい二日酔いを引き起こす原因とされています。

アセトアルデヒドを毒性のない酢酸にすることでアセトアルデヒドを分解が進み二日酔いが軽減できるといわれています。

コーヒーは肝臓の機能を高める
肝臓の機能を良い状態に保つことのできるのがコーヒーであるとゆうこともわかってきました。毎日ビールを1缶ほど飲む人で、コーヒーを毎日3~4杯飲む人と全く飲まない人で比べてみまいした。コーヒーを飲む人のほうが、γ-GTPが平均で10以上も低いことがわかっています。
このγ-GTPは肝臓の細胞が壊れることによって血液中に漏れだす物質なので、低い数値であれば肝臓は良好といえます。そして、カフェインは血管収縮作用があり、血管が拡張することで引き起こる頭痛の緩和に役立ちます。二日酔いの頭痛の解消にはとても有効な方法だと一般的に知られてきています。
脱水症状の懸念も
このようにコーヒーは健康への効果が期待されていますが、飲めば飲んだ分健康を増進できるものはありません。カフェインにはアルコールと同じく利尿作用あります。アルコールで起こる不快症状には、利尿作用で脱水状態になり引き起こすものもあります。
アルコールのとりすぎで脱水状態になってしまったときに大量のカフェインを摂取した場合利尿作用で、体の中の水分はより減少してしまうこともあります。

健康のためにも二日酔いのときは特に身体の状態を見極めたうえでコーヒーを飲みましょう。

関連記事