二日酔いを解消する栄養素って?サプリメントでも摂取したいおすすめの栄養素とは?

サプリメント

二日酔いを解消する、あるいは症状を緩和するためには、水分補給をすることが重要であり、そのことを踏まえたうえで、あまりにも胸やけや吐き気がひどければ薬を服用し、倦怠感がひどければ水分を補給しながら体を休める必要があります。

このほかにも、アミノ酸やビタミンB1を効率よく補給し、二日酔いを解消していく方法があります。場合によってはサプリメントを活用するのも手です。ここでは二日酔い解消を栄養面から説明していきます。

まずは水分を補給

二日酔いの解消としてもっとも一般的な方法は水分を体にできるだけ取り入れることです。二日酔いの原因といわれているアセトアルデヒドは、体の中でアルコールが代謝されるときに生じます。アルコールのほとんどが肝臓の働きによって代謝されますが、肝臓以外で処理できる量の場合は脂肪組織や筋肉で水と二酸化炭素に分解され、吐く息や尿として体の外に出ていきます。

しかし、アルコールの量が多く体内で分解できなかったアセトアルデヒドが体内を巡ることになります。二日酔いの症状である吐き気や頭痛はアセトアルデヒドの毒性が強いためです。

二日酔いを解消する栄養素

肝臓を酷使して働きを高めるとアセトアルデヒドの生産を抑えることができ、二日酔いを抑えることが可能になります。

具体的には、アミノ酸やビタミンBの摂取をすると二日酔い解消には効果的であるといわれています。

アミノ酸を含む食品を摂取する
肝臓機能を向上させる効果があるのがアミノ酸です。アミノ酸にはアルコール代謝を促進させるなど、肝臓の解毒作用があります。
アミノ酸を多く含んだ食材は、大豆、卵、牛乳、牛肉や豚肉、鶏肉、魚類になります。また二日酔いの解消ではビタミンB1を摂取することも重要となります。なぜならアルコールが肝臓で分解されるときには、ビタミンB1も大量に消費されてしまうからです。
ビタミンB1を含む食品を摂取する
そしてビタミンB1には糖質の代謝を助け、エネルギーを作り出す働きがあるためです。そしてそのビタミンB1が多く含まれる食材といえば豚肉、レバー、豆類などです。豚肉にもビタミンが豊富です。食べると気持ちが悪くなってしまうのであればアミノ酸やビタミンB1のサプリなどを活用することで摂取する方法もあります。
ウコンをサプリメントで摂取する
サプリメントの活用として有名なのがウコンを使った商品です。ウコンはたくあんの着色料やカレー粉などの食用に使われています。他にも衣類の染料や生薬などに使われています。ウコンの成分でポリフェノールの一種であるクルクミンには肝臓の働きを高める作業があるといわれています。

二日酔いを解消するためには、水分を補給しながらこれらの栄養素を積極的に摂取することがもっとも効率的な方法だといえます。食欲がない場合は、サプリメントなどで上手に取り入れるようにしましょう。

関連記事