飲む前に二日酔いにならないためにできることをしておく!

食事と一緒にお酒を飲む女性

悩ましい二日酔いにうんざりしている人は多いでしょう。しかしお酒の場にいくと、どうしても飲み過ぎてしまって歯止めが利かない。そして毎回といってよいほど二日酔いの症状を繰り返しては二日酔い解消に悩んでしまう。今回はそのような方にお酒を飲む前の事前にできる対策お酒を飲んでいる最中でもできる予防法ついてご紹介します。

炭水化物を先にとる

基本的には空腹は避けるべく脂肪分、炭水化物を先に摂取します。バターオリーブオイルなど脂肪分や、お米などの炭水化物を飲む前に摂取しておくと、体内に入るアルコールの吸収される速度を遅く、胃へのダメージを抑えることがき、肝臓の負担がかからないようにお酒を楽しめます。

すきっ腹にお酒を入れない
すきっ腹にお酒を飲むと、酔いやすいと感じたことは誰にでもあることではないでしょうか。お酒を飲む場では食事を先に注文しておいてある程度食べておいてからお酒を飲むとよいでしょう。
二日酔い対策の栄養ドリンクを飲んでおく
二日酔いに効果があるといわれている栄養ドリンクを前もって飲んでおくと良い対策です。選ぶドリンクとしてはアセトアルデヒドの分解に効くものを選ぶとよいでしょう。例えばウコンを飲むとアセトアルデヒドを分解する酵素が少ない体質のひとでも酵素が誘導されるので、分解を高めてお酒に酔いにくくしてくれます。ウコンで肝臓が活発に働き、アルコールとアセトアルデヒドを分解してくれます。お酒を飲む前でも飲んだ後でもウコンを体内に入れておくと酔いが解消されやすくなるのです。
サラダを食べるようにする
居酒屋メニューにも数種類用意されているサラダですが、これも二日酔い対策として活用することができます。コースを予約しておくと、サラダが含まれていることも多いでしょう。お酒を飲む前にドレッシングがかかったサラダを食べると二日酔い予防になります。サラダでビタミンも摂取でき一石二鳥です。
チェイサーをはさむのはとても重要
お酒の合間に水を飲むことです。この方法が一番の二日酔い対策となるはずです。お酒を飲むと水分が失われてしまいます。その結果、頭痛、脱水、疲労、倦怠感など二日酔いを起こしてしまいます。お酒を飲んだ後には寝る間に500mlほどの水分補給を忘れずにしましょう。

二日酔いになってしまったらということを考えがちですが、飲む前から二日酔いにならないために対策をすることもとても大切だといえるでしょう。

関連記事